2010年11月26日(金)19:00〜21:30開催




【あたりまえだけどなかなかできない ほめ方のルール】著者・谷口祥子が贈る


〜部下が上司がまわりの人が、あなたのために3倍動いてくれる〜<ほめ方の極意セミナー>【入門編】



お申し込みはこちら



ほめることがいい人間関係をつくるのは分かっているけれど、


いざほめるとなると何となく照れくさい・・・


そんなことってありませんか?


“ほめる”というのは、心にもないお世辞を言って
人を操作することではありません。


あくまでも『よりよい人間関係をつくるために
相手に喜んでもらうコミュニケーションスキル』のひとつなのです。


ほめるテクニックを持っていると
ビジネスパートナーや部下・上司・同僚・取引先の人たちとのコミュニケーションがとても円滑になります。


しかもそればかりではなく、友達や家族などを含めた
すべての人間関係に応用することができます。


人間関係がうまくいけば
人生はすべてうまく行くといっても
過言ではありません。



そこで「あたりまえだけどなかなかできない ほめ方のルール」
の著者である谷口祥子が


<ほめ方の極意セミナー>
を開催します。



◆このような成果が得られます

・相手のモチベーションが上がります!


・相手からより一層好意を持ってもらえるようになります!


・初対面の人が自らオープンに話をしてくれるようになります!


・さまざまな「ほめ方」のバリエーションを身に着けることができます!


・ごく自然に人をほめる方法が分かります!


・なぜか人があなたの話を聞いてくれるようになります!


・部下や後輩、取引先、ご家族からさらに信頼されるようになります!


・あなたのために人が動いてくれるようになります!


・肩の力を抜いて人とつきあえるようになります!


・人間関係をさらに楽しめるようになります!


・あなたのまわりに、ますます人が集まってくるようになります!



お申し込みはこちら



◆セミナーの内容



■コミュニケーション上手になり、ほめ方の達人になるための、3つの基本ルールとは?


■相手に喜んでもらい、関係をダイナミックに変化させる、ほめ方6つの極意とは?

・普段照れくさくてなかなかほめられないあの人を
 自然にほめる方法とは?


・あまりにもさりげないのに、相手が感激してしまうほめ方とは?
 

・あなたの思い通りに相手が“気分よく”動いてくれる方法とは?


・いつの間にか相手がほめ言葉を受け入れてくれる
 魔法のテクニックとは?


◎ロールプレイングを採り入れた楽しい参加型プログラムです。


※内容は、調整・変更する場合があります。

【詳  細】

開催日:11月26日(金)

開催時間:19:00〜21:30

受付時間:18:45

会 場:東新宿・新宿三丁目近辺(お申し込みいただいた方に直接お知らせします)


金額:3,000円(税込)



お申し込みはこちら


あなたとお会いできることを楽しみにしています!



<ご参加者の声>


■職場では注意したり叱ったりということが多く
 

今日のように自分の回りの人をほめるということはなかなかないのですが
 

ほめることによって職場の雰囲気が良くなり、業績も上がるのではないかと思います。
 

ほめ方の具体的な方法や、心がけるポイントを教えていただいたことが
 非常に良かったです。
(SAMMY様 総務課長 男性 50代)


■部下、上司、同僚、家族に応用していきたいと思います。
 

また自社の研修を考える参考にしたいと思います。


ロールプレイをさせていただいて、実感できたことが良かったです。


そのほか多くの気づきを得ることができました。

(K.S.様 会社員 男性 50代)


■「ほめる」ことにもテクニック(技術)が必要で、習慣になれば自然になり


あらゆる面が良い方向に行くのかなと思いました。


また自分の魅力(長所)も実感できた。人の魅力にも気づくことができたのが特に良かったことです。

(女性・匿名さま)


■ほめる=相手のいいところを見つけること、だということを学んだ。
 

ゴマすり、ヨイショにならず相手を気持ちよくさせる話し方を今後に活かしたい。
 

ほめ方にも様々な形があり、相手や状況に応じて使い分けることで高い効果が得られることが分かった。
(N.Y.さま 会社員 20代 男性)


■“相手が受け取りやすいほめ方がある”とは納得です。


ほめ方のルールを知り、実行すれば自然に相手をほめる事ができるようになり


自分の周りの環境が変わるのだと分かりました。
(N.I.さま 会社員 40代)


■「〇〇〇〇〇」や「〇〇〇〇〇〇」「〇〇〇〇〇〇」などのほめ方は
ほめられるのが苦手な人にも受け入れられやすいし、絶大な効果があると思うので
早速今日から実践したいです。


沢山ほめてもらったことが特に良かったです。
  

ほめる実践ができたのが、体で感覚を覚えられるのでいいと思った。
(K.T.さま OL 30代)


■自分がほめられてうれしい気持ちを忘れずに


相手の心が開いてくれるようぶれないようにまっすぐに進んで行こうと思います。


同じような仲間だけでない空間で、人の良いところを探すことが新鮮でした。


〇〇〇〇は感動です。早速使います。
(菅野紫都さま フラ・インストラクター、カラーセラピスト 40代)


■部下に対して怒ることはあるのになかなかほめることができない。
 

いろいろな技術を使って前向きに取り組んで行こうと思う。


照れている自分が少し変わった気がします。少し素直になれたかも知れません。
(久松圭祐さま 編集者 ディレクター 30代)


■ほめることの意味を深く理解することができました。

人間関係構築の基本に関わることのように想いました。
(K.S.さま 会社員 50代)




お申し込みはこちら

■TOPへ戻る